読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金を出す男と金握りの女

結婚するにあたって、お互い確認したことがある。

実際隠していることもあるかもしれないが、夫は言っていた。

「貯金がない」

 

私個人の勝手な思い込みなのだが、男は貯金ができないものだと考えている。

もちろん男性を一括りにするつもりはない。色んな人がいるので、たっぷり持っている人がいることだって知っている。

ただ、一般的に貯金していない人が多いのではないかと思っている。

 

対して私は通帳の数字が減るのが嫌いな人間なので、少しずつでも貯めていた。

一人暮らしができる程度の稼ぎで、実家を出てからも続けた。車を持っていなかったが、保険も自分で支払っていた。だから同年代に比べて少ないくらいだが、着実に貯めていた。

いつ働けなくなるかわからないのだから、貯めるに越したことはない。

これはいわば自分への保険なのだ。

 

 

夫と私の年収は倍違う。

夫は自分を卑下して「これだけしか貰っていない」と言うが、私からしてみれば「そんなに稼いでいる」という感覚になる。

そもそも夫の年収は地方における平均はあり、現実的な数字である。そんなに気にするほどのものでもないのだ。私が働いていなかったとしても、ほどほどに楽しんで慎ましやかに普通に暮らしていける。

しかし一瞬「ん?」と思ったのは、私の倍稼いでいるのに、私の半分も貯金がないこと…一体、何に使っているんだ?

 

謎の一部は判明した。夫は一人暮らしだが家財がしっかりしていた。

結婚するにあたって新たに二人暮らし用の家財を買わなかった。十分すぎるほどのものを持っていた。持ち出しがないことは大変ありがたかったが、夫の過去が少しだけ気になってしまった。

それから、デートは私に支払いさせるのをかなり拒否する人だった。どうにか穴埋めしようと頑張ったが、ほぼ返せていないと思う。

 

ところで冒頭の貯金がないに戻るが、実際は全くないではなくて、かなり少ないだった。

結婚するから、いくらか目減りするだろうと覚悟していた私個人の資産があまり動かなかったのは意外だった。

というわけで、貯金がない男性でも、すごい浪費家出ない限り大丈夫だと思う。あくまで夫の場合なので、すべての人に当てはまるわけではないけれど。

夫は言う、「なんで貯金してこなかったんだろう」と。

 

 

結婚後の金銭管理は、夫の稼ぎで暮らし、私の稼ぎは貯金に回し、毎月二人で簡単な収支チェックをしている。どちらかが握っているということはない。

ちなみに婚前の貯金は切り離している。これは個人の資産なので、お互いノータッチだ。

夫は結局、それまで何に使っていたのか知らないが、結婚後の金銭管理もちゃんとしており、毎月の収支報告もばっちりだ。

一番安心しているのは、今のところ通帳の数字がちゃんと増えていることである。これが気になるのは未だに治らない…子供が大きくなったら耐えられるのか不安である。