読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

若い時間はあっという間に過ぎていく

私は10代をテレビゲームと創作活動に費やしていた。創作は一次創作で、キャラクターを考え、ストーリーを考え、文章にしていた。その作品の殆どはノートに書いていたが、黒歴史として全て処分済みだ。

自分パソコンを持つようになってから、作品はキーボードを打つようになったので、広大なネットの海に未だ存在している。

時々残したままのホームページを見ては恥ずかしさと懐かしさに身悶えする。

 

普通の青春とは一体、どういうものなのだろう。

少なくとも私の考える青春時代とは、愛だの恋だの男女の出会い、スポーツや部活動に明け暮れ汗を流し仲間と分かち合うものだと思っている。

私にそんな時代はなかった。

 

私は友だちが少ない。

今でも定期的に連絡を取り合う間柄はおらず、なんでも話せる親友と呼べる人もいない。

用事がなければ送らないし、あちらも同じだろう。間違いなく私より友だちが多いはずだから、年に一度私を思い出せば良い方ではないだろうか。

だからといってそれを悲しいと思ったことはない。

私は付き合いの悪い人間を自覚しており、覚えていてくれるだけありがたいからだ。

 

10代の私はゲームをするのが忙しい。加えて創作活動するのに忙しかった。

典型的なお家大好き・一人大好きっ子で、外に出てアクティビティを楽しむとか、オシャレをして友達とカフェに行くとか、男女混合でカラオケやボーリングに行くとか、した覚えが片手程度しかない。

友達に彼氏ができたことすら知らないくらい、自分の世界に没頭していた。

 

それが悪かったと思ってもいないし、失われた青春時代を取り戻したいとも思っていない。私にとってそれはそれで楽しかったからだ。

 

確かに世界が狭く、コミュニケーション能力に欠けており、思いやりの足りない人間であった。

人間関係の何たるやを学ぶ時期が遅すぎ、加えて身持ちの固さと頭の古さもあって、長く続いた恋愛はないに等しい。夫との付き合い=付き合いの長さ最長である。

まあまあ悲しい思いをして、なんでこんなにわかってもらえないのだろうと苦悩した。原因がどこにあるかもわからず、自分の悪い点もよく見えていなかった。

若さゆえと言えばそうであるけれど、それ以前に自己中心的な性格が災いしていたと思う。

普通の人はこれを10歳位若いうちに経験しているのだから、大人の思考をしているのは当然だ。

 

自分の世界は悪いものではない。その時にしか出来ないことも多さは、今になってよく分かる。

しかし外の世界、対人関係もきちんと学んでいかなければならなかったと今では思う。

失敗も、若いうちにある程度は経験しておいたほうが、大人になった時のダメージが少ないだろう。恨み言ばかり思って、内にこもるような子供っぽさを大人になってまで残すこともない。

 

だから今も時々連絡をくれる友人を大切にしなければなと思う。