読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腰の重い女の婚活

私は婚活をした人間だ。

日常で出会って恋愛して結婚なんて到底無理だ。そもそも日常の出会いとはいかなるものか?

 

学生時代は共学だったが、男女比率が1:9くらいのほぼ女子校だった。

そんな中にいる男は基本もてる。逆も然り。そういう男の彼女は大抵可愛い。

写真を振り返っても不細工な私が、同校の誰かと恋愛関係になれるはずもない。ましてや他校に出会いがあるかといえば更にありえない。誰が好き好んで外見も中身も不細工な私に惚れてくれるか。

私はゲームとパソコンが大好きなオタク街道まっしぐらだったので、少しも気に留めていなかったが。

 

ようやく三次元に興味が出始めた二十代半ば、婚活までは考えていなかったが、誘われたら積極的に出会いの場に出ることを覚えた。人並みに彼氏欲しいとか考えたのだ。

出会いがないと嘆く人間は、出会いの場所に出ていないことが多い。私なんて~、怖いし~、自然じゃない出会いは嫌だ~…なんて馬鹿なことを言っていないで、人としての経験値を上げるために積極的に出るべきである。それでなくても出遅れている人間が躊躇するなんて、一生独身宣言しているのと同じだ。

顔面偏差値の低い私でも、とりあえず出会うことは出来た。残念ながら性格の問題で長続きしなかったが、最初の一歩が踏み出せると、案外怖くないものである。

 

まずは、安く酒が飲めるご飯が食べられる程度に考えればいいのだ。大抵は女の子価格でしか徴収されない。

現在の若者がどうかは知らないが、男性には見栄がある。一対一でないのなら、大体快く多めに出してくれる。

先に進む進まないは別として、参加することに意義がある

これは婚活にも言えることだ。怖いのは最初だけ、後は結構楽しいし、疲れるだけだ。

 

合コンや友人からの紹介で付き合うに至った人は何人かいる。が、その倍以上の人とあった。

それこそ自分の価値観とプライドをボロボロにされるような相手に会ったこともある。その程度の人間と言えばその程度なのだが、実際問題結構精神的にくる。

いい男が売れ残っているはずがないのは当たり前なのに…私自身もそうだが、残り物はなぜこんなモノを紹介しようと思ったのかとわかりかねるレベルである。

第三者から見ればお似合いなのでしょうね。

 

いつまでも待っていてもダメだ。

友人が少ない私には、紹介される人間にも限りがある。紹介する人だって、限界がある。

そこで私はようやく自らの力で動くことにした。もう30だった。

初めての婚活は、清水の舞台から飛び降りる気持ちで一人で行った。結婚相談所ではなく、ネットでの気軽なお見合いだ。残念ながらこの人とは2回目はなかった。あちらからお断りされた。

 

2回めの婚活は婚活パーティーだ。これも一人で行った。本当は独身友人も誘ったのだが、予定が合わなかった。

これは本当に緊張した。家に帰ってから自律神経が乱れて、心臓はバクバクいうし、体中熱いし、眠れないし、ちゃんと食べていたのに一日で2キロ痩せた。意味がわからない。

 

けれどもこれで私の婚活ハードルがかなり下がった。

それから数回のパーティー参加はとてもリラックスした気持ちで挑めた。成果はないけれど、楽しい人認識してもらうくらいに気持ちに余裕があった。

 

自然な出会いは幻想。

自然な出会いなんて、そうそうあるものではない。

出会えたとして相手は自分を運命の人と思ってくれるほど、魅力的なのか?

 

無責任な周りの人間はお世辞でかわいいよ~、いい出会いあるって~と言ってくる。信じてはダメだ。安直な慰めの言葉なのだから。

人間顔ではないと言うけれど、そういう自分は第一印象である程度判断していないか?全くしていない人は絶対いないと思う。婚活なんて文字情報と第一印象ではないか。

 

のんびりしていないで、馬鹿なことを言っていないで、考えていないで、さっさと動け。

あの頃の若い自分に言いたいことは、それだけ。